失意の彼方に7。






オブジェクトの編集もぉーっ



リサイズもぉー



ファイルの圧縮もぉー



保存設定もぉーっ






な、無しでーーーーーーーっ!




めんd・・・いや。








お、オフレコでーーーー!(爆)












そう、、、・・・こんな考えと愛車で



何となく来ちまった







「 南アルプス 」。






くる途中もいろんなトンネルを抜けたと思う。







・・・たぶん。







結局何も食わぬまま来ちまって

途中、いろんな誘惑もあった。



今は更なる食へのイメージが膨らみまっくりあがっている。



でも、もう山ん中。

もう、誘惑は、、、無い。



持参したのは早朝水汲みに行った時に汲んでおいた

「 神の水 (500ml) 」のみである。




まさに「 神の水 」である。




あそこでよっとけばよかったー

あそこでよっとけばよかったなぁー



あそこでよっとけばよかったー

あそこでよっとけばよっかったよなぁー



あーあ、よっとけばよかった




あ”ー、腹減ったぁーーーーっ!








ち、ちくしょーーーーっ!(爆)








・・・これは未だにトンネルの中である。







でも、何か



こんなん思う時間って少ないんだよなぁ。




・・あっ、淵だまりの話ね。




己を通り過ぎたものもあれば

留まっているものもある


ドヨドヨしてるもんもある


流れていったもんもあるし


忘れたもんもあるんだろう




スカッとしたもんは一つも無いし



次に頭の中に浮かんでくるものも


あー、ろくに楽しいもんでもねぇや




痛みを堪えるように別のことに意識がいくような


そんな考えになるような


そんな気持ちだ。




ただ、目に入ってくる光景や

ハンドルから伝わってくる刺激が


優先的に別の世界へ誘ってくれる



映画のような圧倒的な世界観ではないが



それ以上の一体感がある。



リアルに。



現実感を実感、認識させつつ


常に五感と思考を刺激してくれる




それは優先的に考えを再構築させてくれるもんなんだ


あんまり遠くの世界へ行かないように




身近に感じられるように。。。











認識と再認識。











・・そんなストイックになるようなこともないのに


そんな気になっていたのかな?







そんな考えを考える余裕だけはできたんかいな。。。。






・・・・







・・・・




・・





おっと、温泉なんてのがある!






ちっとよってみるか!






行き過ぎちまったが、ちっとバックして入ってみる






ちょっとアフターアイドリングもしてあげようか

なっ、ま、まーくつー。






財布片手に降りてみる。



ほとんど空車に近い広大な駐車場で

ま、まーくつーからは

「 ロック 」の合図。




あ、ありえねぇー!




キーレスが装着されていること自体ありえねぇーが





な、なんて不自然な光景なんだろう!





しかも振り向きざまにもう一回






「 ビ、ビーーーームっ! 」






・・・・



しかも、なんてオーナーに信用されていないキーレスなんだっ!(爆)






でも、俺以外ろくに人もいねぇーよなー!?(爆)





でも、日頃からロックする習慣や機会もないので


ちょっぴり嬉しかったんだ。(爆)








・・何か食うもん売ってねぇーかなー?(爆)








季節はずれの場末の温泉郷

売っているのは・・・







そう、、、漬物ぐらい・・・






あと、地産のハチミツと生卵・・・



しかも極少数陳列・・・







おやじは何も口をきかない・・・





無論、俺も何も買わない・・・・(爆)








確かになんとも言いがたい空間がここに存在した。







このこと自体は紛れもしない事実であったし



無論、その空間と雰囲気は


俺とおやじしか共有していないし、


それぞれの「 めもりー 」にインプットされたはずだ!





この消化しきれねぇー空気と雰囲気の共有を!









場違いな場所に己を駆り立てたものはいったいなんであったのであろうか?
















・・・辺りにロック解除音が木霊する










ハンドルを握るこぶしが先ほどよりも強くなったように感じた


腹も据わったようだ



それと共に目線を逸らさずもっと行きたいと思う気持ちが強くなってきた









そう、、、、遠くへ。
















・・・どうやらまた一つトンネルを抜けたようだ。






そう、お腹の峠を越して。(爆)












(未完)












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

少し真面目になってみます、、、

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。

まにあ。
20170602172424aee.jpg
まにあ。  ( サイトへGO )