新規テキスト ドキュメントーKさん(爆)。(仮名)





レッドビーシュリンプをやり始めたきっかけってなんだろう?






2011.5.29 3.jpg





小学生の頃からビーシュリンプはいたっ!

苔取りタンクメイトな位置づけだ。

どこでも置いてあったわけではないが。


買ってきても、いつのまにかいなくなっている

そんなちみだったね。


・・・


それから20年くらいか?





んー、まぁ、ボチボチだ。





ある日伊豆へ遊びに行く事となったんだ。

ついでに黒めだか、ヒメヌマエビなんかを採取したくて

つたない携帯使いで情報を検索してみたんだよな?




・・・



「めだか採取」「えび採取」そんな感じか?




たどり着いたところが「しゅりんぷランド」(爆)

(ピーシーズ1巻参照)


困ったろーなー

右も左もわからないのに、

いきなりの悶絶質問。




無論、場所は「掲示板」(爆)




予想外以上の訪問者である。(爆)




でも、親切にも直メにていろいろ専門外の質問と回答を(爆)


送ってくれた「ぶんぶんさん」。





そう。




そこから、えびの飼育は始まったんだ・・・・






最初は黒びー(漏れ・並)。

一匹350円っ!


「た、高けぇーっ!」


そんな感覚であった。

(ちょっと前まで一匹10万円のディスカスを

 買ったり、売ったりしてねーかー!?)



・・・いつのまにかにいなくなる。



いと、増えない・・・・。



毎度毎度アドバイスを受けながら一年以上試行錯誤を繰り返した。




それが10年前か?




色んな土地で色んな飼育スタイルで育てるんだから

何がいいかを自分で経験するための知識と方法を

自分が探し出すための情報として交流するには

とても素敵な場所であったんだ。

強力な仲間や先輩方の強力なアドバイスがあったんだから。



そしてとても楽しい場所であった。

「交流」とはこんな場所と時間を言うのであろうか。




でも、一つだけ自分だけの課題がある。




自分の飼育環境と飼育スタイルだけは

自分で覚えないと。




何一つうまくいかない。



また、すぐに壁に突き当たる。



・・・それだけは今まですべて飼ったものに言えるや。



過保護は自分が過保護になる。

神経質は自分が神経質になる。


生き物の流れは時に寛容で時にシビアである。

その概ねを自然に委ねているんだから。


だが、その環境は近づけたい。

ショックは与えたくない。


裏切られたくない。




・・・ち、ちみに。




でも、まぁ、ぼちぼち

それさえも楽しんで飼育しよう。


自分の目標に


イメージを持って。




・・・ういっ。(爆)




も、もう、もうちょっとで、、





か、完結できたのにーーーー






で、でも、もう頂点でぇーーーーっ!(爆)





(未完)





(爆)










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

少し真面目になってみます、、、

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。

まにあ。
20170602172424aee.jpg
まにあ。  ( サイトへGO )