ち、ちーぷ。




れいしー君の焼き付き寸前によって

一つに纏められたかず印。




やはり、憂いている自分がある。






ういっ。(爆)





らんちう的あーちふぃしゃるな固体においては

先祖返りっちゅーか

グレードダウンっちゅーか

それは否めない。


選別と戻し交配しつつ

選別する。


それを維持する。


そこは最低やっておきたい。

せっかく好みにしてきたのに。。。。。



二本しかないのなら

一方通行で選別漏れ水槽を作ればいい。


×2あるならそれぞれの選別を行えばいい。


それぞれの家系が別々の生活をして

たまに交われば


血の拡散、つまり、戻し交配ができる。


別の血をいれなくても、

系統まで拡散しなくても、

雑まで広まることはない。



一からのスタートをきらないでいいのである。



だから水槽の数が欲すぃー


バンド、タイガー、、、


これらほど大切だと思うし、

その中からかず印を伝承できる。


同じ顔で生まれてきても

貧弱で一生を終えるくらいの時間で大人になって

子孫も少ない家系ではリスクばかりが増えてく。



2011.1.29 3.jpg

2011.5.29 4.jpg

RBS2.jpg






はぁ。


でも、こんなところで当り散らしても

もともとちーぷな設備で飼育しているんだから

しかも、そのほうがリスクがあると思うんだが

でも、そこは反省していないらしい。



・・・



ち、ちーぷが故の壁をどう捉えるかが


んー、やはり壁である。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

少し真面目になってみます、、、

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。

まにあ。
20170602172424aee.jpg
まにあ。  ( サイトへGO )