地球の歩き方47




ここはN・Yのバス・ディーポ。


PM22:00.(爆)




・・・辺りは誰もいない。(爆)


人々も全て迎えが来ているようだ。




バス到着と共に一気に人気がなくなる。


かってがわからず出遅れた。


だが、不安になるにはもう遅い。




もう遅いが、、






・・・来ちゃったもん。(爆)






なんかやばそうな雰囲気。


ウロウロしちゃ、キョロキョロしちゃいけねー


日本の通勤サラリーマン風な速度で歩いてみる。


間違っていたらやべー



さっき、人が足早に歩いていた方へ・・・



・・・上へ出た!



とりあえずタクシーを捜す。それさえも不安でならない。





あっ、黄色タクシーがいた!




「頼むっ!止まってくれーい!」




「た、たたたた、たくしぃーーーぃっ!」


・・・・





・・・と、止まったぁー!


とりあえずユースホステルまで行ってみよう。



「・・・この番地まで。」



「はぁ!?お宅、ハーレムに行くのかい?」






「は、はーれむぅーーー!?」(爆)







・・・後で知ったんだが、、、


YHの場所がマンハッタンの北東で

ハーレムの入り口に位置するんだ。



場所を聞いてか運ちゃんもビビッている。



(いったい、、、どんな街・・・なんだ・・・)



乗った周辺は車通りが多いっちゅーか、渋滞している。

イエローキャブなんで少しは安心しているのか

先ほどの緊張感から開放されたからなのか

周りを見る余裕があるらしい。




とりあえず、、、会話がはじまった



・・・「どちらから?」




・・・・「北京(ぴーーーきん)(爆)


(「ブラックレイン」風にっ!)(爆)






「!?」???






「・・・中国にある。(爆)  知ってるか?」





「・・・あ、あぁ。知ってるよっ!(爆)。


 ・・・観光かい?」



「・・ああ。」



「・・・・しかし、上手だねー!・・・英語。

 中国人の英語は凄く聞き取りづらいんだけどねー」


・・(爆)


「お宅はーそのー、ここ初めてかい?」



「ああ・・・。(爆)」


できる限り低い声帯で会話する。。。

何の意味があるのか・・・








・・・・・





辺りが閑散としてきた。






「あそこがそうだよ。でもこの時間に入れるかい?」




・・・すげー不安になった。



「ちょっと待っててあげるから、ほれ、行ってみなー」






その言葉を聞いてか、半べそかきながらドアを開ける・・・





・・・・し、閉まって・・・・るっ!。




・・・・・泣きながらドアをブッ叩く。(爆)




・・・叫ぶっ(爆)




・・・






・・・・ひ、人が、、、、き、来た!










向こうもこの時間なんで焦ってか(爆)OKのこと。(爆)







ふう。(爆)助かった。





・・タクシーのおやじに結果を報告して感謝を伝える。


「ありがとう。これで安心して休めるよ。」



「俺もだよ。(爆) GOOD LUCK!」



御清算の前からか


いつしかブラックレイン風の声は・・・消えていた。(爆)




・・・じゃぱにーーずまん いん N・Y。



(未完)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

少し真面目になってみます、、、

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。

まにあ。
20170602172424aee.jpg
まにあ。  ( サイトへGO )