長文独解。。。愚痴MAX








うちのお墓は新宿にある。







抜弁天っちゅー地名だったか?






バイクに乗るようになってからは

よく一人で行くようになっていた。



って高校生じゃん。



チャリで行った記憶もある。(爆)



別に心神深いわけではないが、

自分から勝手に行っていたのは

よくわからないが・・


何故だか心打たれる青春期であったかもしれない。


・・・・。



そこには

親族のお墓ももろもろあったし、

記憶にない兄の墓もあった。



お式日を用意し、

お墓をきれいにする。


大好きな親戚のうちのお墓も


同じ気持ちでクリーンナップする。




ついでに隣のお墓までクリーンナップする(爆)




家族・親族の健康を祈願する。


自分のことも祈る。


隣も祈る(爆)




だんだん


大好きだった人がみんなそこいらに集合していく。




寂しいやら、


実感ないやら、


想い出して親身になるやら、


自分の世界に入るやら。





だが、


感謝の気持ちを込めて


線香を添えに行く。






まだ入っていない人たちの健康を祈って


お願いしに行く。





手を合わせる。










なむーーーーーーー。











・・・


もう、どの位行ってないんだろうか?





大好きなじいさんの葬式が最後であったか。





こっから行けるかな?



静岡から中目黒経由なら行けそうな気がする。。。





・・・片足つっこんでる身内らの方が気がかりで

そっちのほうが優先になって


いと、行けてないなぁ。




。。。行くと必ず「かっぱえびせん(小袋)」くれたんだよな?




・・・





・・・





・・・お盆でもないのにこんな干渉に浸るのは





・・・










新年早々、一通の予期せぬ手紙が来たからであろうか。。。。










内容はその・・身内の、子供の、、、なんで、、、



よくわからん。。。









・・・俺は、、、」おやじは、、、




この墓には、、、、






入らんの・・・・か?






入っっちゃいっけないのか?





・・・空中もダメ・・・・なん・・・か?




・・・・・・・。






未確定なんで感傷MAXなんだが、、、、



だが、





おやじの、、長男との


弟らの・・妹らの・・・・





いざこざをしばし耳にしていた。








・・・あれ?、、、か?








だが、、、・・・結果、



じいさんの、、、



会社を継いだのはおやじである。







景気は下がる一方である。


かかる負担は圧し掛かる一方である。




その責任はどんなもんよ???専務ぅーーー?




それまでの。。。


中目黒の資産は、まぁ、じいさんに身をゆだねるとして






それぞれがその地を放れて行く。





。。。





じいさん・・・





栃木の田舎の昔はよくある複雑な家系に末っ子として生まれ



・・・田舎もよくつれて行かれたね。



想像つかない苦労と慣習が



・・・家族を困らせることも多々あったね。



・・・



だが、そうゆう頑固な、


あんそろじじぃーなじいさんの、、






相続・・





そうゆう環境に育ったじいさんの一子相伝の







北斗の拳







・・・







それが犬神家になったんだか




事実無根なんだか





(それは俺の解釈)




真相は今はわかんないけど、、、





何故10年以上も前のことを掘り返すのか?




いろんなことを割愛しても



・・・



関係ねーし、無視しても。。。



でも、その子らの、


俺ら従兄弟の付き合いがあったとしたら



関係は続くんじゃないのかな?








DEAR:おじさん、、






それは、この上なく気まずい仲になるそうだっちゃ。








・・・おたくらは先にそこに入るんだっちゃ?




それであるなら、




もう少し、



自分の子供の血のつながりのことも



身を案じて計らうことを大切に、いと、しようよ。







自分勝手なことばっかりアピーーるしMAXでーーー


まだ欲をかこうとするのかーーーーっつ!




地球の重力に引きずりこまれて




関係ねぇー俺達まで巻き込みたがってー




そんな露骨なやりとりは兄弟でやれーーーっ!




・・・だっちゃ。




・・・失礼。




ケンシロウは、、、



全て兄弟の愛を感じたんではないのか?




己が信ずる信念の葛藤の合間見える境地の中で。





DEAR:おじさん





おれは、新年の挨拶を今年も送っただけだー!


そして親族の安寿をん願っただけだーーー!




それにたいして、、、


いいたいことはわかったが、、、


それもお前っちの中でのやりとりだと思うが、、、



内容や、表現に「大人」がなくてはないんんであろうか?



心ある大人の対応を願いたかったっぺっちゃ。





じぶんのことを「おじさん」と表記するなら、

それらしい「潔」を持ってくる文面にしてください。




「人」はもっと優しくなれるし、


「分かり合える」。



俺はそううゆうー受け入れ体制から人と接する。




ワンクッションは入るし、オブラートも常備ストックしてある。


コクモ牧場でも作っている。(爆)


・・・まぁ、己を守るためにも必要なことだが。



相手に対してこう思っているから、こうだ。ではく。


相手に対する思いやりを感じて人と接してみてはどうですか???




それは「敵」をつくるばかりですよ。




経験足らないヘタレなスゲー下の私に対してですが、



関係のない私に対して、


関係のある貴方の子供との


関係が


私にとって関わりがあるのなら、



いと、慈しみをもって大切にしてください。



もう、文通のみの関係なんですから、

そうゆう文面と接し方を持って対応してください。



・・・今までの印象もそうなんですよ。



・・・おやじだけの話だけじゃないんですよ。




もともと私らには関係のない話ですしぃーーー


屈折し湾曲した会話とも受け取れまっす。



受け取り方しだいですが、




それを感受しているんですから。






長谷川会長も悲しんでいますからーーーー(爆)




・・・



・・・大好きな従兄弟です。



にら子供も教えてくれたし、ハロウィーンも導いてくれました。

でもゲームは常に外れを導いてくれました。



千葉に住んでるのに偶然行った静岡で逢ったこともある従兄弟です。






長男がなんたるかなんて





親と違う土地に住んでいる俺が言うことではないかもしれませんが、






自分のあり方、



その接し方は



自分をアピールする前に



慈しみと気持ちは持ち合わせている自信があります。



騙されるぐらい(爆)。



でも、感情は押し殺して、自分が判断したいから。



無知な幼稚なところも兼ね備えている自信もありますが、



馬鹿にされるぐらい(爆)



そんなこともプライドとは呼べない気がしますから。


そんなヘタレな私ですが、






でも、今は貴方には勝てるような気がします。






・・・ごめん。。。



酔っ払っちったな。




偏った自分意見だけで偉そうに。






・・・・。






じいさん自体が昔の人である。



古きもの、伝統やしきたりや



優しさも



すべて持っていると思う。



家族も大切にしていた。


裸一貫で東京にやってきて


すべてを手に入れた。


だがその努力は計り知れないものであったんだろう。





その子供らもろもろ同じ屋根の下で暮らしていたんだ。



クサヤの臭いがするビルを日影茶屋にして。。。




ああっ、



いまでも



笑い声が聞こえてくるよ。




貴方達も交えて・・・




楽しい記憶が溢れかえってくるよ・・・





いまでもきっときっと家族みんなの幸せを



願っていると思うよ。





じいさんの。




受け入れ方は違えども、みんなそんな中で育ったんだ。




心は一子相伝じゃないさ。







孫も




曾孫も





その声を自信を持って



伝えよう。



自分の大切な人へ。。。







それがどんなに大切な事かと


大事なことかと


教えてくれましたよ。。。。






自分の中の素直な暖かいものを想い出して




触れてみてください・・・・









・・・・・







あぁ、暖かい・・・・・・













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぷ、ぷろふぃーる

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。
えび100%で頑張れればいいと思っているんですが、、、日々の戯言全力投球ーっ(爆)・・・よろしくお願いします。


にほんブログ村

最新日記。
最新こめんと。
月読。
類別区分。
えび友さん生息図

より大きな地図で ご近所さん えびMAP を表示
最新とらっくばっく。
検索ふぉーむ。
RSSりんくの表示。
りんく。
ブロとも申請ふぉーむ。

この人とブロともになる

QRこーど。
QR