地球の歩き方24




・・・



俺は、今、、、、




死にかけている。(爆)





いや、マジだ!





正確には、雪山遭難!?




・・いや、帰りはわかっているはずだ。






そう。↓↓↓。下だ。






颯爽と滑り降りる勇気がないだけだ。

シュプールを描いて・・・・


辺りは・・・


TVでよく見る雪山登山の風景となんら変わらない。


鋭い岩肌、切り裂く大地。


しかもすべて白銀の世界。


素人の俺にはギリギリまで行かないとわからない。


硬く強張った表情は寒さのせいであろうか?




いや、




・・・完全に泣きまくっている。




・・・泣きまくりあがっている。





だが、誰も助けてくれないんだ。





いや、いないんだ!誰一人見えないんだ!





なんでこんなところに来てしまったんであろうか?

半日前には笑顔でスキーを楽しんでいたはずだよな?




・・・



ここソルトレイクの雪は世界で最高の雪質と言われている。

世界中のスキーヤーの憧れの場所である。

そこにいるんだ。


聞けば、ウェアも板もレンタルできるという。値段も、、、安い!

インストラクターもいて、教えてくれるという。

手ぶらで行っても遊べると教えてもらった。





こりゃ、行かなきゃ損でしょー!





行きますかぁーーー!





しばらくバスに乗っていると辺りの景色が変わってきた。


・・・スキー場?


いや、軍の雪山施設といったほうが正確であろうか?



いや、ごめん。大げさであった。



スキー場である。




でもデケー!スゲー!




例えるなら富士山、いや、南アルプスがフィールドなのである。

ガイドマップも別々の山にリフトの絵が描いてある。


いくらなんでも広大過ぎるだろう!


ベースキャンプに着き、いろいろと手続きをする。


まあ、そりゃー勢いだ。


服のサイズも聞きなれない数字だ。

現物合わせー。


慣れていないのでインストラクターを頼んだ。





某、無論ー、金髪美女希望ー。





却下。





おっさんー降ー臨ー。





床屋の入り口のポスターみたいなおっさんだが、


まぁ、いい。。。


いと、わかりやすく教えてくれた。


何となく感覚を取り戻してきた。。。楽しい。



恥ずかしかったんで、少しかじった程度であったんで、

おっさんにはズブの素人であると告げていた。




「もう一人前のスキーヤーだ。

もう少し上のフィールドでENJOYしても大丈夫だよ。」








その言葉を信じた(爆)








平日の昼間なのか、広いからなのだろうか、

ついて行く人もあまりいない。


良さげな小高い山を見つけた。リフトが伸びている。



これなら、行けそうだな。



リフトに乗り、景色を堪能する。

素晴らしい景色だ。







頂上付近に着く。。。。。









あ゛ぁーーーーーーーーーーーっ!







・・・さらに伸びていた。





(爆)









(未完)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぷ、ぷろふぃーる

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。
えび100%で頑張れればいいと思っているんですが、、、日々の戯言全力投球ーっ(爆)・・・よろしくお願いします。


にほんブログ村

最新日記。
最新こめんと。
月読。
類別区分。
えび友さん生息図

より大きな地図で ご近所さん えびMAP を表示
最新とらっくばっく。
検索ふぉーむ。
RSSりんくの表示。
りんく。
QRこーど。
QR