スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士宮やきそば弁当EVOLUTION



・・・・・。




訂正がーっ!





緊急にあるっす。(爆)







fy1

「富士宮焼きそば弁当」。。。









・・・ありっす(爆)。








確かな(?)情報源によると・・・・



ここいらの民による食文化、



fy2

「富士宮やきそば」



「と」



fy3

「ごはん」







「はーもにー」



・・・・



は、




「あり」らしいっす。




己の先入観が悲観的な情報を発信したのであろうか


ただ単にその日のおかず内容に対する己の憤りだけなのか






今となっては






闇に葬られてしまったが(爆)






炭水化物 × 炭水化物 。






としての論議においては


「言われてみれば・・・」


との富士宮人の見解が示す通り


ごく一般的に普及している食文化であると


導かざらねばならない事実なのである。


つまり、


「おやつ」として

「おつまみ」として

「おかず」として

「主食」として


・・・ようは




なんでもいいらしいのである。(爆)




お祭りのときのお約束アイテムとしての位置づけではなく、



販売拠点は駄菓子屋(爆)



家ではそれぞれの家庭の味があり、

レシピがあり、

おじいちゃん、おばあちゃんの味

おかあさん、おとうさんの味

親から子へ

子から孫へ

受け継がれて。。。




宇宙へ。。。。。




どのスーパーでも麺は山積み。

肉カスもダシ粉も紅しょうが(注:1)も並んでいる。


スーパー側が別に今夜のおかずの提案レイアウトにしなくっても

さらさらいいのである。


(注:1)ちなみにごく一部の地域の人は


紅しょうが=「みかちゃん」と呼ぶ(爆々ー)

スーパーにも「みかちゃん」と毛筆ロゴで書かれた

「みかちゃん」が処狭しと並んでいる。

麺=マルモ

と同じように

紅しょうが=みかちゃんなのであろうか?




地元密着・地域活性にはいと重要な構図である。




だが、それがサークル外で見た・聞いた者にとっては

それがそうとイメージできない為、

甚だ勝手がわからない。



注文時に


「みかちゃん多めでーーーっ!」(爆)

「となりのみかちゃんのほうが多いよー」

「みかちゃん抜きでーーーっ!」




・・・もはや宇宙語である。





百歩譲って、これらの会話が炸裂すると仮定しよう。





いや、仮定しない。





事実、炸裂しているのである。





(爆)




この町では

フォーク並びなんて超越した、いとミラクルなおばちゃんでも、

鼻水たらしてよさげな棒を振り回している近所の子供でも、

眩しくてセロファンを通してしか見れない女子高校生でも、


生まれる前から親しいんでいるかのような


お互いが通じ合っているかのような、


ごく当たり前の会話があちこちで繰り広げられているのである。


やきそばを通して。。。。。



それほどまでに親しまれている


「やきそば」。


それらを考察すると


「富士宮やきそば」ではなく




「やきそば」。




と敬意を持って改めて言わねばならないとの結論を得た。



そして、またすぐにローテーションでやってくるであろう(爆)


「やきそば弁当」


次は敬意を払っておかずとして食す勇気をもってみるよ。




県民として。。。。




そう悔い改めた今日この頃であった。




(完)




これでいいかぁー!おやじぃー!(爆)








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぷ、ぷろふぃーる

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。
えび100%で頑張れればいいと思っているんですが、、、日々の戯言全力投球ーっ(爆)・・・よろしくお願いします。


にほんブログ村

最新日記。
最新こめんと。
月読。
類別区分。
えび友さん生息図

より大きな地図で ご近所さん えびMAP を表示
最新とらっくばっく。
検索ふぉーむ。
RSSりんくの表示。
りんく。
ブロとも申請ふぉーむ。

この人とブロともになる

QRこーど。
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。