めたはら君。




うぃっ。


ひっく。(爆)



・・・まいにち、、、すんません。




お客さんから

こんなの頂いちゃいましたぁーーーー!


って、ずっと囁いていたんですが・・・


m1



・・・どきどき。



め、めたはらーっ!



住宅用なんで(爆)絵的には今一ですが、


うちのせんべい博士風水槽構図にはベストマッチでしょう。(爆)


きっと・・・・





ドキドキしながら家に帰ると、


水槽はいつものように真っ暗。(爆)






んーーーーっごぉーーーーーおおおおおっ!





いでよーーーっ!




めたはら君ーーーー。





闇夜を照らしたまえーーーーっ





m2






うぉーーーーーっ!





m3





(完全点灯まで3分かかるとのこと。)




m4




アクリルの傷まで照らしっちゃいますがー




m5




いい感じになりますねー!



これで35ワット。しかもエコロじじーだねー。


太陽光が100とすると、この電球は90。

ほぼ太陽光ーーーー。


蛍光灯と違って3波でるので水草の育成にもよさげー



寿命は9、000時間。もっとも中古なんで

いつこと切れるのか。。。。。





って、うちの設備ってこんなのばっか(爆)



甘えまくりのえびライフっす。




でも、ほんとに感謝しMAX






・・・

里子に出たチェリー君のおかげで


俺のわらしべへの道も


ボチボチ進んでいる・・・



やはり電気工事技士を仲間に引きずり込む計画は

成功であったか・・・・ふっ。







やべー、オフレコじゃねーーーしっ!





(爆)



スポンサーサイト

うぃっ。


1

うぃっ。

2

うぃっ

3

うぃっ。

4

うぃっ


5


うぃっ。








なかなかなかなか。。。。。



うぃっ。




・・・・







えび。2-





放置プレーな会社水槽。





水だけが回り続けて


はや半年(爆)



リセットしようと思い続けて

はや半年(爆)



今もまだ、、、髭ゴケだけが揺れている



南無ぅーーー。




ここにいたチェリー君たちは早々に御引越しされ


ちぇりー1


(ヒーターの無い過酷な)水槽に移り住みました(爆)


ちぇりー2



元気に泳いでいるし、稚チェリーも増え、たくさん泳いでいます。



ガラスに手を触れなければ南国の水槽のようです(爆)



でもよくもまぁ、蛍光灯の熱のぬくもりだけで、、、


劣悪な環境で・・・




頑張っているね?




それもこれも外の発泡プールで夏も冬も耐え抜いた

ちみ達を見たからこそ、適応範囲なんだなと。


ちぇりー3



わかったからなんだよ。



コッピー風味瓶のチェリー君達も同じ。



こっぴー1


4ヶ月も水換え、エサ無しで元気に育っているちみ達。

もう立派な大人になって元気に泳いでいるね。


こっぴー2


そんな環境に育ったちみ達。









鬼ぃーーーーーっ!?









何処へ行ってもヘタレることなく元気に育っているみたいだね。





・・・




だめだ・・・



サッカー観戦で余力を使い果たした・・・








ういっ





(爆)



地球の歩き方37





32







ん?



・・・・




頭の中に・・・蝉が、、、





うんと・・・いるよう・・・・・・・だ。






・・・・




あぶら・みんみん・ひぐらし・・・・




もう、、、なんでもござれ。








・・・・ん?





・・・・・・・・・・・



でも、、、、





昨日も現実。今日も現実。








。。。楽しかった・・・・よな(爆)





・・・・どれが現実なのか、、、よく・・・わからん。。。。









陽は・・・・空高く昇っているようだ。









まだ、貧乏ベッドや布団が、、、、


冷たいやら、所々暖かいやら


自分の寝相が覗えるようだ。







・・・・





隣のクリスチャンはまだ微動だにしない。






ここは・・・・ユース、、、、。




おれは、、、、そう。












・・・アメリカにいるんだ。









当たり前のように目の前にミシガン湖が広がる。



・・・・・



・・ホンマもんだ。。。よな?。





!?





・・・そうだ・・・!?



・・・窓の下には、、、



網戸が・・・・見える。。。。(爆)





・・・そう、あるはずだ・・・。




・・お互い愛煙家であるんだが、


とびっきり遠い屋外の喫煙所にキレて、、、




キレて(爆)・・・




・・・はしゃいで。。。




酔っ払いの・・・あれの。。。





ここで・・・・吸ったんだ・・・・よな????



・・・・そうだ・・・・よな???




・・・・微かな、、、、微妙な・・・




・・・記憶が・・・・・・・ある。





今、、、蘇る。。。。。




網戸。。。ブチ落として・・・・(爆)、、吸った・・・」よな????(爆)




見ると、


避けようのない、、、



その残骸が、傷跡生々しく・・・



転がっている。。。」。




雪がさらに演出をしている。



ミシガン湖のほとりに。。。





今、蘇る・・・




懺悔の・・・気持ち。。。。。















・・・「ごめんなさい。」
















心で祈った。(爆)

















・・・二人前。(爆)















まだアルコールの三途の川を泳いでいるようだ。。。



そしてミネラルウォーターを一気。(気合っ)



覚醒ぃっ。







今宵もっ(爆)






・・・行くさぁ。




(反省しろーーーーーーっ)




・・・こんな生活はマサのところでもう、、、、慣れていた。






・・・それが、、、この国の、、、洗礼・・・・だろ?(爆)





そんでもって、同じ扱いで親友のクリスチャンのベッドを蹴るっ。





・・・




「おはよー」




もう、同じ朝を迎えた二人のような仕草であろうか。(爆)




日本人と機動力は違うように感じるが、

もはや、同じ扱いである。







「起きろーーーーっ」







42



(爆)





「あははははっ」









(未完)


えび。



なにかと水槽をゆっくり覗くゆとりがないのだろうか。


時間的なものでなく、、

気持ち的なものでもなく、、

それらが影響しているんであろうか、、


今に始まったことではない。



まあ、意識の落ち込みであろうか。



ポンプがエアーを吸う音を聞いて

蒸発した水を慌てて足す日々。



ろ過水槽の水位しか・・・見ていない。。。」






たまにはえびとの時間もつくってみよう。。。






冬場の玄関ではさらに触れ合う機会が少ない。


そのなかで、、、



えへへ、、、

いいコいないかなぁーって



一瞬の出逢いを求めて水槽を見渡す。



1



見るたびに好みが違っている。


髭、目、足、模様、色、、、



2



他を、他所を見ちゃいけないっ(爆)

オクもダメだぁーーーー!

ハードルを上げちゃーなんねー


この中で、

いいコを探そう。



好きなコの子孫を残したい。



これが俺の好みっつー水槽にしたい。




選別も避けては通れないことである。




水槽に空きはない。




みんな仲良しにすると


みんな仲良しのグレードになる。



やってまうプロはみんな大胆にメリハリをつけるんであろう。



でも一様に好みの固体がいる。



仮にそれらを一つの水槽に集めたとしても

優劣をつけたりしなくてはならないし、



次の日には好みが変わっていたりする。



新たな気づきがあったり、


ここはスゲーいいんだけど、


全体にボチボチなんだけど、ここはスゲーいい。



3



それも汲んでしまう。





んーーーっ


難しいぃーーーーっ!




今までもそう。


過去に消え逝くもののほうが後から未練が残ったり、


こうしなかった方が良かったと後悔したり、



何をやっても後を引くのは変わらないのは今に始まったわけではない。




でもそれが一つ一つの個性なんだろうと見てしまう。

それに慈しみを憶えて

愛情が芽生えてしまう。




血統ネコだって、野良ネコだって目が合えば、

訴えてくれば、

それに形では無くなってしまうんだから。



優先順位はわかっている



別に営利でもない。



常に子供の頃からいるパートナーである。



今はコリ、


今はグッピー、


今はディスカス、


今はカラシン、


今はブラックバス、




今は、、、えび。





どれもないがしろにしない関係はあった。


時に可愛く、ときにウザく(爆)、



自分ができる、無理の無い関係と維持能力こそが


長く付き合えることだとわかっているからなのであろうか。



4



でも、ソイルも買えない飼育者ってなんなんだろうか?


会社のガラ空きの水槽が

気づけば



半年も過ぎていた。。。。。(爆)




・・・

おお、なんか気持ちが落ち着いたような

そんな気がしてきた。



意識を向ければそれらの変化に自分が気づく。


しばらく忘れていたな。


流していたんだな。







今週も頑張ろうぜい

ぶりざっ君

2011.1.14

昨日は富士山へ水汲み。(爆)





天界は別世界と聞いていたので、

少々心配でしたが、



事実、大渕付近から別世界ー。

1




大渕小僧の呪いか?

3丁目あたりから

山岳コース。


2




氷上限界を超えた溝の8年落ちタイヤよ

なんとか持ちこたえてくれいっ!




いきなりテストーーーー。


3


・・・・



ノーマルよか全然いいじゃん。

さすがブリザック君。




そして本線へ。。。




あれ?




雪・・・




・・・無いじゃん。

5





気温はマイナス3度。

朝10時。


4








楽しみで来たのになー。






でも富士山は寒むそうだよーー。


6







地球の歩き方36




31





えへへ、、




BARに来ちゃった。




・・・



いい雰囲気のアイリッシュBARだ。




(爆)




こーうーゆーとこで呑んでみたかったんだ。




見るのも楽しい。

聞くのも楽しい。

注文するのも楽しい。

会話・・・んーーーーーんむ






む、難しいぃーーーーーーーーぃぃぃっ!






でも楽しいんだ。




なんにせよ、ホール全体がいい雰囲気だ。


誰とでも気軽に挨拶したり、会話したりできる。




・・・勿論、



好みのおねーちゃんから積極的に話しに行く(爆)





モード系(爆)




・・・・




ん?何で俺・・・カッコつけてんだ?(爆)




・・・・



何だ?この俺のスマイルは?




・・・



お前、トムクルーズとか勝手に連想しっちゃてるだろー?



・・・・・


それじゃー引っかからないんぞー(爆)



・・・・



でも、気軽に話しかけたり、

話しかけられたり、

そんな環境がいい。



でも、そんなふうに一人で堪能していたらか。





今でも映画のようにシーンが残る。





だが、クリスチャンは機嫌があまりよくないらしい。


なんだか言っている。



普段から目が逝っちゃってる奴だが、


さらに逝っちゃってる。


・・・



「ういぃっ。ここは○ッチばっかりだ!ただ酒にあやかろうとするやつばっかだ」




・・・どうも、お気に召さないらしい。




「ういっ(爆)。クリスチャン、まぁ、気軽にいこうぜっ」




「そうゆー時は、ほれ、こんなふーにジャンプしてアピールすんだよ。

金持ってねーぞーって。はははっ。



俺はさっきやったぞー!


日本の伝統文化だよ。



それで帰るやつは○ッチさー。ケツにチューしなー。」



「まぁ、でも、クリスチャンとも何かの縁だ。

こうやって呑めるのもロックの神様が俺達を導いてくれたのかなー。





「ういっ。×2」





んーっじゃぁ。


今宵、逢えたことを感謝してーーー


一丁、行きますかぁーーーーっ」




ジュークボックスにノリノリのロックをセットするー。




「ちーーーーーっす」



ビールで乾杯ー!





飛び跳ねるっ。





叫ぶーーーーっ。





踊るーーーーっ。





「ひゃぁっ・・・・・・・っほーーーーーーーーぅっ!」





うあーーーーっ、まじでーーー


なんて。。。。。。楽しいんだろう。



今まで。。。体験したことのない。


。。。経験したことのない。


・・・・・・・LIVE感。





そして




周りのおねーちゃんも一緒になって楽しんでくれる。



楽しんでいる。




踊る・・・・



映画のスカッとするシーンみたいだっ!





その主役に俺達二人がいるみたいだ。




・・・あぁ、なんて楽しい夜なんだろう。






こんな、、、、経験、、、、初めてだ・・・・。







我を忘れて、己も忘れて楽しんじゃった・・・・。






一生、忘れないよ。







この映画は。







そして、ちみーーーーっ




今宵の俺のど真ん中ヒロイン。







楽しかったねぇーーーーー!





そしてーーーー




勿論んーーーっ!お持ち帰りでーーーーーーーーっ!(希望)










・・・・・







・・・・・・・・






・・・・・・






クリスチャンと仲良く電車に乗って帰りました。(爆)





(爆撃)






(撃沈)






(未完)

地球の歩き方35




28



・・・・険悪な、、、ムードが、、、



辺りを、、、包む、、、、




俺が彼を見ているフィルターがそうさせているだけなのであろうか・・・





いや、そうであろう。




少なからず一瞬の煌きを踏みにじられた想いを


クリスチャンのせいにしている俺が、、、いる。



敵と認識したかのような俺のオーラが、



そんな雰囲気にさせてしまったんだろうか・・・。



(多分、ちみは微塵にも感じていないはず。)



時間が経過するにつれ


現実の世界を親身に感じられるようになった。



・・・・



・・・・そうだ。クリスチャンは俺を保護してくれた側の人間だよな・・・・。




きっと、理由なく止めることはしないはずである。





現に、今も、、、一緒に歩いている。。。





無知な俺を・・・・助けて・・・・くれたのか・・・?(爆)





そう理解すると気持ちも変わるもんだ。





「ありがとう・・・・・」





クリスチャン、俺の煩悩の何たるかが、俺の研ぎ澄まされているものさえも

奪ってしまっていたんだね?


「何かやべーセンサー」さえも機能停止していたんだね?


今も、まだ、、、暗がりを彷徨い歩いているようだよ。。。





余韻だけでも、、、やべーーーよ。




きっと後から怖いおっさんが出てくるお店だったんだろう???




君はここで生きるためのノウハウを


俺に教えてくれようとしてくれたんだね???




(自己解釈・・・)




ただ、ごめん。

何が危険なのか判断基準がわからねー。




あの革ジャンのお兄ちゃんの監視かい?

客の人数が少ないからかい?まだ夕方だぜー







・・・なぁ、クリスチャン?





教えてくれよー








・・・・・・・・・







・・・・「好みじゃない。」






・・・・・・・・・・・・・・







そんな理由かぁーーーーーー(涙)







・・・・






俺りゃーど真ん中ストレートだったぜよー!






でもー



もうー



ここはーーーー





インプット、、、、





したかんなーーーー!





(爆)





いまっでもっ



わかんないぜよーーーー







おめぇーのーその感覚ぅーーーーーっ







(未完)


地球の歩き方34




38



観光もままならないまま


いきなりメインディッシュですか、旦那ーーーーーっ




いやー、まだまだー、夕方だよー。


探索含めて市内を歩く。。。




クリスチャンもシカゴは初めてという。


英語に長けているので俺よか全然心強い。



途中、街の人にいろいろ聞いたりしている。




・・・まずは情報集め・・・だな。






歩きざま、ふと、見上げると、、、、



「ビリヤード・・・バー・・・」



まだ陽も明るいが、、、、


さりげなく入ってみる。。。。







・・・・!!






えっ?







えっ?えぇーーーーーーーーーーーーーーーーー!





嘘だ。。。。ろ?




昼間っから・・・






び、びりあーーーどのうっ、うぇにぃーーーーーー







おっ、おお、おぉおね、おね、おねーーーーーちゃんががっ、、、、








ああ、




ぁあ゛ーーーーーーーーーーっ





・・・・・


いきなり不意をつかれたが、そんなことは、、、、


どうでも、、、、、、いい。。。。







もう・・・・どうでも・・・・・・












な、なんなんだ!この空間は・・・






、、、、ああっ、な、なんて、、、眩しいんだ・・・・・









ミラーボールのせいか・・・・






あの、台から伸びている・・・




きらびやかな黄金の柱の輝きのせいか・・・・?(爆)






いや、、、





マッセ失敗の貫通音のような・・・


迸る、、、



ヒールサウンドなの・・か?






い、い、いや・・・







め、めっ、めめめめめめめめっ






女、女神っーーーーーーーーーっ?







(爆)






ふぁいあーーーーーーーーーーーーーーー!






・・・




・・・・






・・・・・・・・




・・




・・・・・・・










・・・もう、死んでも・・・・・・・・いい。




・・・・











・・いや、まだ、、、

















・・・・ダメだっ!









俺の・・・迸る情熱、念願の念願の・・・あれを






・・・あれを!





・・・成し遂げる、、までは、、、、









女神の、、、あれ、あれを、、、、あれに、、、



・・・



ちっ、、、、













ち、ちっぷを・・












ち、ちっぷを・・・・・






















ちっぷを・・・















っちっぷを。。。。。。














女神の・・・・あれに・・・・




あれに。。。。




。。。。。










は、





・・は、はさむのが、、、




お、おれの、、、、、、






ゆ、ゆ、夢、、、、ゆめゆめゆめゆめ・・・






なんだーーーーー(爆)









(爆)





・・・よーし、この100ドル札をっ!(爆)





き、キレイににたたんで・・・・




そう、届けるよ。



・・・ち、ちみに。



待ってておくれ。。。。。(爆)












??





????









って誰だぁーーーーっ!?








俺の行く手を阻む者はぁーーー!



誰じゃーーーーーーーー!



俺を幻想の世界から引きずりだそうとする者はぁーー!





もはや俺にはこのちっぷと女神しか映らーん。




な、何ぃーーーー?




ち、ちっぷと、、、、、女神が、、、、




離れて、、、、いく、、、、???




誰じゃーーー俺の手を引くモノはーーーー!









ぁああああああーーーーーーーーーーーー・・・・







・・・・・・・・・・










(・・「っバタン。」。)




はっ、!?・・・俺は・・・・何をしていた・・・ろうか?(爆)








目の前にはクリスチャンがいる。。。。。










そして、、、



ここは、よしといたほうがいいと言う。






諭しかけるように俺の目を見て頷く。。。。





・・・




涙を振り切れない俺を無視して


歩き出す。。。。クリスチャン。。。




振り返る俺(爆)





振り返る俺(爆)





俺、リピートENDRESS(2ー)---。。。(爆)






ほんとにそうなのか・・・?クリスチャン・・・


(爆)



(未完)


地球の歩き方33




27
シアーズタワーにて。








電車を降りるとしばらく、しばらく、、歩く。



さっき買った市内の地図を見ながら、、、しばし、、、歩く。




おっ、おお。ここがそうらしい。




・・・・ここが、、、



ユースなの、、、か!?



でけー!ホテルだなーこりゃー。

大磯ロングビーーーチ!?



大都市のユースともなると違うもんだ。




受付を済まーす。


「あーーーー、さっきー、電話したー、KAZでーす」



2日で26ドル。



俺にとっては高けーが、ここいらじゃ破格値であろう。



俺が案内された部屋は8人部屋であったか?


窓の目の前にミシガン湖が広がる。


41




あらためてシカゴに来たと実感する。



・・・



突然、



「HEY,WHAT’S UーーP?」(どうよ?儲かってるー?)



声をかけられた。とっさに。



「NOT MUCH!HA HA...(ボチボチでんがなー、がっはっは)



お隣さんどーし。挨拶を交わした。


そのまたお隣さんとも挨拶を交わしたが、、、

その人は・・・おとなしそうな人だ。



話しかけてきた彼もチェックインしたばかりみたいだ。


荷物の整理をしている。


ふと、彼のバッグから見慣れたCDが。




「おいっ、COOLっ!だなーそのCDー。ANTHRAX俺も好きなんだよー!」




!その瞬間、彼の目が輝いた。




彼の名はクリスチャン。


オーストリアからやってきた。


変態。(爆)


47
(シカゴミュージアムにて。)




僅か一枚のCDで一瞬にして打ち解けてしまった。




・・・・・



きっと、、、ふと、、、



彼の、、、何処かの、、、



スイッチを押してしまったんであろう。。。




今、俺は彼のウォークマン(CD!←爆)を聞かされている


しかも片方のヘッドフォンを借りて・・・。


俺に聞かせたいらしいが、自分もノリノリである。


しかも動作のひとつひとつがオーバーアクションである。


目が訴えかけてきた。


・・・ここのサビなのであろう。


「COOLっ!」


一瞬、輝きを放ったが、音楽に集中している。。。。


って!自分が聞きたかっただけじゃんかー!



でも、まあ、嫌いじゃないよ。



お互い好きなバンドの名前を出す。


はしゃぐ、、騒ぐ、、、わめく、、、叫ぶ(爆)






もう、、、、友達に、、、






なっちゃったみたい。(爆)





・・・





「なあ、KAZ。これから街にくり出さないか?飲みに行こー!」







・・夜の行脚 IN シカゴ







決定ー。







・・・でも初めてのシカゴの夜歩き。正直、心強い。




基本、行っちゃダメだかんなー。


受付のおっさんにも治安について注意を受けていたくらいだから。



タクシーで現地とかならいいんだけどさ、



ほら、もともとここにいる奴らは


そうだよねー。


基本、自分の足で歩きたがる奴らなんだよねー


金無ぇーし。




だから、ほいっ






「悪魔が囁く地球の歩き方」(爆)





そんな感じだよーーーー。




(爆)





(未完)

地球の歩き方32




26
シアーズタワーにて。






・・・・


これがシカゴの電車か、思ったよりも綺麗だ。



そんなに思うのも高架下の良しも悪しも見てきたからであろうか?



数ブロック先に行くと、何となく信号を渡り通りを越すと、



お店に鉄格子が標準装備される。




これがアメリカである。




人種のテリトリーが存在するかのような景色。


線はないのに。。。


何となく行っちまうと良からぬことが起きそうだ。


わかって行くのと、わからないで行くのとでは意味が違う。



肌の色をいと感じるエリアが存在する。



例えば、やばい治安の悪いところに飲みに行くとする。


そこに行くこと自体普通はタブーなんだが。




まず、一番最初にバーテンが焦る(爆)




お店としては断固としてトラブルは避けたいのである。



同じ穴のムジロなら、ある程度警戒水域で済むんであろう。



間違いなく火に油を注ぐようなもん、


いや、火の中に油、いや、灯油、


いや、ガソリン。それが自ら入るようなもん。


「ボマー」と称されても不思議はない。



アイリッシュならアイリッシュBARへ。。。。




それが当たり前。



そんなんもわからないで雰囲気だけ感じたくて行こうとする

アホ(俺っ?)←アホ




・・・よく生きて帰ってこれたもんだ。




でも、いっぱい怖い目にあった(爆)


怖いのレベルが変わった(爆)


・・・でも今もそんなとこ好き(爆)




若気の至りである。




バンダナの色も気をつけたほうがいい。


やたらにヒッピー気取りでバンダナつけて放浪する

アホな放浪者いるだろ?(←俺?)←アホ



あれはギャングの識別色でもあんだからな。







・・・その日、ギャング同士の銃撃戦があったんだ。





ギャングも警察官も、、、





いっぱい、、、死んだ。





ミシガン湖を挟んだ対岸での出来事である。



起こるべきことのレベルがここは違うのである。



ノリなんでやっている奴がいればそうゆー場所でやればいい。



お前ぇー命失うぞ!



そんなことも教えてもらった。




某、基本、日本人と行動を共にすることは無い。


嫌なのもある。つれづれ甘えは好かん。



だって、自分の考え持ってここに足つけている。

そんな考えで歩き始めたんだ。



色んな場所であった各国から来ている同じ匂いのする奴(爆)

全部じゃないが。。。



まわるならそうゆーほうがいい。



現地の人たちと接するだけでなく、


世界の放浪者たちとこの場所を接点に


共有できるものがある。





だが、肌の色が区別するが故に


侵してはならない現実の世界が確かに存在する。



命の危険さえも伴う




そんなテリトリーが存在する。




彼らも縄張りもって生きている。


不用意に近づけば彼らの利害にも影響を与えるのか。


自分が生き抜くための経験値なのか


・・・そんな世界もあるのだろう。



だが、そこは垣間見た気がした。。。



そんなことは今まで想像すらしなかった



でも、



ってか、



意識しなかったんだろう。




でも今は、その中に、、、、いる。




・・・・・


今日、初めて家にハガキを送った。


ここにいる存在を


アピールしたかった。




・・・おかんと親父に。





DEAR:テム・レイ(爆)・・・・・元気だよ




(未完)

地球の歩き方31



25
シアーズタワーにて。









・・・



散々迷って、道草くって、たどり着いたのが公園ー。



(爆)



おかしいなー、街は基本的に碁盤の目になってるのに(爆)



俺りゃー途中でアムトラックの駅寄ってきたかったのに。。。


シカゴの。


「アンタッチャブル」って映画知ってるー?

最後に乳母車が階段から落ちるシーンがあるんだけど、、、

ここの駅なんだよねー。

シカゴに来たら絶対寄ろうと心に決めていたのに。。。


でもー、ここいらは楽しそうな所がいっぱいありそうなんで

また後で来よう。



・・・



おっ、ホットドック屋さんだー!



「すみませーん、一つ、いや二つくださいなー」



・・・・・・



・・・楽しそうな街だなー。




でも、ここいらも治安の悪い場所もたくさんあるから

気をつけて遊ばないとな。



しかも夜遊びに行くんだから。(爆)



でも、シアーズタワーも上りたいし、世界一なんだってなー。

NIKEミュージアムだっけか?おれージョーダン7買うぞー!

NBAも見たいし。

美術館も行きたいな。

ギャングっぽいとこも覗いてみたい。

釣りは・・・無理だな。寒いぃーーー!




(叶えるさぁーーー)




いろいろ現地で情報収集しよう。



ソルトレイクも素敵な街であったけど、



シカゴはこれぞアメリカって感じがする。



。。。建並も雰囲気も、空気も治安も。

そんな感じがする。



バスディーポに着いたときから何となく空気が変わった。


それは俺でもわかった。


目的なくウロウロしていると足元掬われそうな気がする。




・・・



ハッタリも必要だと感じた。


・・・

そんっでーーーーって




バスの中でも俺は中国人であった(爆)



なんとなくそれはノリである。



・・・正確には旅行者と悟られたくない。



そんな役作りであった。・・・のか。。。?



「北京」出身の「KAZ」なのである(爆)



・・歴史の闇に消えた裏設定・・・・(爆)


・・KAZ


・・・福建省生まれ。


幼少は「少林寺」で過ごし、酔拳をマスターし、

ヘッドギアをつけて座禅で宙を飛べ、「ムー」に載る。(爆)

さらにインドの山奥で修行し、

ダライ・ラマとも親交があるとされる・・・

水墨画をこよなく愛する。あと、歌麿&GEISHA GIRLとダリが好き。

好きな作家は陳舜臣と吉川英治。吉本ばなな。

某、O型、おうし座。

歴史と兵法を研究するためアメリカに渡った(爆)留学生(5ダブ)(爆)



でも、そんなに奥まって話しする奴は誰一人いなかったしー。(っ爆)



俺もてきとーだが、相手もてきとーなんだな


言いたいこと言やーおしまい。そんな感じであろうか?



某、まったくの他人や、「なんかやベーセンサー」が作動している時は

いたって「中国人」に成り済ませていた。



だが、そのほうがいいような気がした。



中華街は至る所にあったんで。


そしてFOODは旨かった。。。



でっ、でも、ちみたちー、、、、



北京を「ピーーーーキン」と発音していた無知な俺も俺だが、


「あー、ぃいぇーい!」とか「いぇえーす!あぃのーうぅ」とか言っていた


頷いていた・・・ちみたち・・・


ほんとーにてきとーーーーだなー!おい。




そんなの目の当たりにした俺は

今はもっとてきとーになっちゃったよー!(爆)


おいっ。



ってーーーーーーっつ







(爆)




(未完)



地球の歩き方30




24




「AM7:30。予定より2時間遅れてシカゴに到着。」





って、ちゃんと考えてバスに乗れー。





「市内をまわる。きんちょーのれんぞく!」




でも、ほんとにワクワクしたなーーーーっ。




ドライブでも、旅行でも、初めて到着した時の感覚ってあるでしょ?



ある程度知識や情報があってさ。



ここに来たんだなぁーみたいな。



視覚的なもの。感覚的なもの。イメージ的なもの。

自分の中にある期待度ってゆーのかなー?



初めての不安じゃなくて


初めてだから期待みたいな。


膨らみまくった


思い入れとか。



同じ場所にスゲー仲のいい奴が一緒にいても、その瞬間を共有しても、


頭の中にある、自分の感じるところってたぶん多分違うよね?



仮に、そこに着いた感動が最高に頂点に達してお互い手を握り合おうとしよう。



さらに抱き合って、頬ずりしようと仮定しよう。



いや、しない・・・


・・・まあ、そんなことはどうでもいい。




でも、それって温度差はあるんじゃないんだろうか?




目的はそれぞれ別にあるとするのなら。





そう


俺の場合は








「XXX」・・・







「BAR」・・・






期待通り、、、そのまんま・・・・




(爆)




そうー!目がいっちゃってさぁーーーーーーーーーーー



でもー開いてねーなぁー




ってーーー



お前ぇーーーー!、、、、朝じゃん(爆)



銀座だって清掃のおっさんと野良猫しかいねー時間帯だぞー!







っふっ。






でも、いい雰囲気だぁ。


好きだなぁ。ここ。





でも、、、


まぁー、まずはユース(ホテル)探し!







ユースホステルはわりと何処行っても拠点がある。YMCAも同じか。

YMCAが飲み屋だとすると、

ユースは赤提灯みたいなもんか?



よくわかんねー、まあ、いいや。



地図見るとだいぶ離れにあるみたいだ。

ちなみに「地球の歩き方」の地図には入ってなかった場所なんだよなー

北の方ーだっけかーー?



電車に揺られて行くわけだなー。



高架鉄道ってやつかー!

これも見たかったんだ!



まあ、その方向でーーーーっ。



進めーーーー!



基本は「 歩き 」(爆)


でも、楽しいんだぞー!



・・全てにおいて立ち寄りたい・・・



他人んちのビルでも・・・(爆)




なんて斬新かつアグレッシブあんどオールドアンソロジーなんだー


おい、そこの通行人ー!お前らにはその感覚がわからないのかー?


シカゴの重力に魂を引きずられてしまっているんじゃないのかー?



なーんて、気分高らかに道を歩くのが



楽しーーーー!



でもーー道ぃーーー間違ってるしーーー(爆)






(爆)





(未完)




長文独解。。。愚痴MAX








うちのお墓は新宿にある。







抜弁天っちゅー地名だったか?






バイクに乗るようになってからは

よく一人で行くようになっていた。



って高校生じゃん。



チャリで行った記憶もある。(爆)



別に心神深いわけではないが、

自分から勝手に行っていたのは

よくわからないが・・


何故だか心打たれる青春期であったかもしれない。


・・・・。



そこには

親族のお墓ももろもろあったし、

記憶にない兄の墓もあった。



お式日を用意し、

お墓をきれいにする。


大好きな親戚のうちのお墓も


同じ気持ちでクリーンナップする。




ついでに隣のお墓までクリーンナップする(爆)




家族・親族の健康を祈願する。


自分のことも祈る。


隣も祈る(爆)




だんだん


大好きだった人がみんなそこいらに集合していく。




寂しいやら、


実感ないやら、


想い出して親身になるやら、


自分の世界に入るやら。





だが、


感謝の気持ちを込めて


線香を添えに行く。






まだ入っていない人たちの健康を祈って


お願いしに行く。





手を合わせる。










なむーーーーーーー。











・・・


もう、どの位行ってないんだろうか?





大好きなじいさんの葬式が最後であったか。





こっから行けるかな?



静岡から中目黒経由なら行けそうな気がする。。。





・・・片足つっこんでる身内らの方が気がかりで

そっちのほうが優先になって


いと、行けてないなぁ。




。。。行くと必ず「かっぱえびせん(小袋)」くれたんだよな?




・・・





・・・





・・・お盆でもないのにこんな干渉に浸るのは





・・・










新年早々、一通の予期せぬ手紙が来たからであろうか。。。。










内容はその・・身内の、子供の、、、なんで、、、



よくわからん。。。









・・・俺は、、、」おやじは、、、




この墓には、、、、






入らんの・・・・か?






入っっちゃいっけないのか?





・・・空中もダメ・・・・なん・・・か?




・・・・・・・。






未確定なんで感傷MAXなんだが、、、、



だが、





おやじの、、長男との


弟らの・・妹らの・・・・





いざこざをしばし耳にしていた。








・・・あれ?、、、か?








だが、、、・・・結果、



じいさんの、、、



会社を継いだのはおやじである。







景気は下がる一方である。


かかる負担は圧し掛かる一方である。




その責任はどんなもんよ???専務ぅーーー?




それまでの。。。


中目黒の資産は、まぁ、じいさんに身をゆだねるとして






それぞれがその地を放れて行く。





。。。





じいさん・・・





栃木の田舎の昔はよくある複雑な家系に末っ子として生まれ



・・・田舎もよくつれて行かれたね。



想像つかない苦労と慣習が



・・・家族を困らせることも多々あったね。



・・・



だが、そうゆう頑固な、


あんそろじじぃーなじいさんの、、






相続・・





そうゆう環境に育ったじいさんの一子相伝の







北斗の拳







・・・







それが犬神家になったんだか




事実無根なんだか





(それは俺の解釈)




真相は今はわかんないけど、、、





何故10年以上も前のことを掘り返すのか?




いろんなことを割愛しても



・・・



関係ねーし、無視しても。。。



でも、その子らの、


俺ら従兄弟の付き合いがあったとしたら



関係は続くんじゃないのかな?








DEAR:おじさん、、






それは、この上なく気まずい仲になるそうだっちゃ。








・・・おたくらは先にそこに入るんだっちゃ?




それであるなら、




もう少し、



自分の子供の血のつながりのことも



身を案じて計らうことを大切に、いと、しようよ。







自分勝手なことばっかりアピーーるしMAXでーーー


まだ欲をかこうとするのかーーーーっつ!




地球の重力に引きずりこまれて




関係ねぇー俺達まで巻き込みたがってー




そんな露骨なやりとりは兄弟でやれーーーっ!




・・・だっちゃ。




・・・失礼。




ケンシロウは、、、



全て兄弟の愛を感じたんではないのか?




己が信ずる信念の葛藤の合間見える境地の中で。





DEAR:おじさん





おれは、新年の挨拶を今年も送っただけだー!


そして親族の安寿をん願っただけだーーー!




それにたいして、、、


いいたいことはわかったが、、、


それもお前っちの中でのやりとりだと思うが、、、



内容や、表現に「大人」がなくてはないんんであろうか?



心ある大人の対応を願いたかったっぺっちゃ。





じぶんのことを「おじさん」と表記するなら、

それらしい「潔」を持ってくる文面にしてください。




「人」はもっと優しくなれるし、


「分かり合える」。



俺はそううゆうー受け入れ体制から人と接する。




ワンクッションは入るし、オブラートも常備ストックしてある。


コクモ牧場でも作っている。(爆)


・・・まぁ、己を守るためにも必要なことだが。



相手に対してこう思っているから、こうだ。ではく。


相手に対する思いやりを感じて人と接してみてはどうですか???




それは「敵」をつくるばかりですよ。




経験足らないヘタレなスゲー下の私に対してですが、



関係のない私に対して、


関係のある貴方の子供との


関係が


私にとって関わりがあるのなら、



いと、慈しみをもって大切にしてください。



もう、文通のみの関係なんですから、

そうゆう文面と接し方を持って対応してください。



・・・今までの印象もそうなんですよ。



・・・おやじだけの話だけじゃないんですよ。




もともと私らには関係のない話ですしぃーーー


屈折し湾曲した会話とも受け取れまっす。



受け取り方しだいですが、




それを感受しているんですから。






長谷川会長も悲しんでいますからーーーー(爆)




・・・



・・・大好きな従兄弟です。



にら子供も教えてくれたし、ハロウィーンも導いてくれました。

でもゲームは常に外れを導いてくれました。



千葉に住んでるのに偶然行った静岡で逢ったこともある従兄弟です。






長男がなんたるかなんて





親と違う土地に住んでいる俺が言うことではないかもしれませんが、






自分のあり方、



その接し方は



自分をアピールする前に



慈しみと気持ちは持ち合わせている自信があります。



騙されるぐらい(爆)。



でも、感情は押し殺して、自分が判断したいから。



無知な幼稚なところも兼ね備えている自信もありますが、



馬鹿にされるぐらい(爆)



そんなこともプライドとは呼べない気がしますから。


そんなヘタレな私ですが、






でも、今は貴方には勝てるような気がします。






・・・ごめん。。。



酔っ払っちったな。




偏った自分意見だけで偉そうに。






・・・・。






じいさん自体が昔の人である。



古きもの、伝統やしきたりや



優しさも



すべて持っていると思う。



家族も大切にしていた。


裸一貫で東京にやってきて


すべてを手に入れた。


だがその努力は計り知れないものであったんだろう。





その子供らもろもろ同じ屋根の下で暮らしていたんだ。



クサヤの臭いがするビルを日影茶屋にして。。。




ああっ、



いまでも



笑い声が聞こえてくるよ。




貴方達も交えて・・・




楽しい記憶が溢れかえってくるよ・・・





いまでもきっときっと家族みんなの幸せを



願っていると思うよ。





じいさんの。




受け入れ方は違えども、みんなそんな中で育ったんだ。




心は一子相伝じゃないさ。







孫も




曾孫も





その声を自信を持って



伝えよう。



自分の大切な人へ。。。







それがどんなに大切な事かと


大事なことかと


教えてくれましたよ。。。。






自分の中の素直な暖かいものを想い出して




触れてみてください・・・・









・・・・・







あぁ、暖かい・・・・・・













地球の歩き方29




・・・こいつらのせいで、、、


大好きなバーガーキングも食べることができねぇ。


唯一の楽しみも奪いやがって。





しかし、よくも、まぁ、こんなに長い時間辛抱していること。





外も、、、何時間も前から、、、






同じ景色だ。






車内の変化も、、、、





無い。





・・・・・・・・




・・・・・・




ふと、ウォークマン(カセット)(爆)をいじりはじめる。





ん!?、





ラ、ラジオ、、、、!?





入るのかぁー!?






新たな娯楽の発見であった。





もう、ラジオに夢中である。




こうなるとマシュマロマンの重圧も感じなくなった。


だが、右舷前方のおやじだけは気になっていた。


さっきの休憩所で一度リセットされたとしても、


定期的に目配りだけは怠らなかった。





・・・なんて新鮮なんだろう。




おねーちゃんの声が聞こえる(爆)



何より色んな音楽が聴ける。



手持ちのカセットは3本。


日本から持ってきた浜田省吾と

マサにとってもらったグレイトフルデッド、ドクタージョンである。


飽きはしないが、新鮮さにはかける。


景色見て自分に酔いしれたい時は浜省ー(爆)


旅を楽しみたいならデッド。


おやすみソングにドクジョン。



だってこれしか持ってねーもん。



日本の風景の中のFENではない。


生のアメリカの、生の放送ー。


言っていることはよくわかんねーが、(爆)


いい雰囲気だ。




おっ、いい歌じゃん!


・・・


・・・わからん。



心染み入るねぇ!


・・・


・・・わからん。







・・・・む、むずかしぃーーーーーーーーーーっ!







聞きたい・・・調べたい・・・・




一心により







(祝)英検2級合格ぅーーーーーっ!?









・・・でも、バスのスピーカー越しの案内は無理っす。



日本のそれとおんなじよーーーー



宇宙語ーーーーーっ!?




(未完)


地球の歩き方28




今の俺は、、、、


あることに身を案じている。


「汚いもの」の定義が、もし仮に俺が正しいと自信を持っていようとも、


それをどうすることもできないでいる俺がいる・・・。




これは、、、、神の、、、




試練なんですかぁーーー?




・・・・・・


薄暗がりのグレイハウンドの車内で、


そのことに身を案じているのは、自分だけであろうか?



依然、俺の体は固定されている。。。


時折、もたれてくるマシュマロマンおやじの身体を抵抗もせず


そして、すべてを受け入れた自分にとっては、


もはや、視覚のみが自由にコントロールできる


唯一の感覚であった。。。。



肩、腕、背骨、首、、すべての関節がフィックスされた状況において、


必須で向かされた目線の先、、、




右舷前方に、一人の黒人男性が・・・・いた。



ごめん、

悪いけど、

ただでさえ汚いと思う風貌のデブのおやじであった。



時折、車内に木霊す咽り・・・・



ゼヒュン、ゼヒューン、オエーっ!ガァーっ!畜ー生ーっ!?



誰でもビビる咳払いである。


しかも、いと独特なサウンドである。


周囲に払う気遣いは・・・毛頭ない。



・・・・・・。



その隣のおやじは、、、、寝ている。。。の・・か!?




これが、グレイハウンドの洗礼なのかー?




・・・・


薄暗がりの中、彼が持つドリンクカップが波打っている。



顔をそっと近づける・・・



・・・コーヒーを飲もうとしているのか・・・?



薄暗いシルエットの向こうでコーヒーカップに熱いKISSをしている。



・・・・・



だが、カプチーノに見えた「それ」は・・・









・・・た、胆壺であった(爆)。








今にも溢れんばかりに揺れている「それ」。





バスの振動、おやじの動きに連動して円を描いている!





今、俺は、、、、「それ」が、、、下に、、こぼれた時の映像を、、、



・・・最悪のシナリオをイメージしている。。。リアルに。。。



しかもスローで。。。



んーーーっ!身体が固定されて、目を逸らす事ができないんだっ!



・・・誰か、助けてっ!



助けてぇーーーーーーーーーー!



・・・・



キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」・・・


ふいに脳裏をよぎった。


あのヴィジュアルがさらに俺の精神を攻撃する。



・・・・・俺への試練か?



いや、汚ねーおやじが目の前にいるだけだよ!


ありえねーことを目の当たりにしているだけだよ!




畜生ーっ!まじで、ありえねぇーーーーっ!




ただ、今の俺には「それ」から目を逸らすことができないだけなんだよ!




俺はそのことを話す相手もいねぇ。


叫ぶこともできねぇ。



しばらくすると、また、おやじの独特な咳払いが!


ゼヒュン、ゼヒューン、オエーっ!ガァーっ!畜ー生ーっ!?



・・・・・・。






・・・!?








・・・思い留まったようである。。。ふう。







どうも本人も「それ」の臨界点を熟知してはいるようである。





・・・



ん?何で、俺は、、、奴の、、、カップの、、、



身を案じているのであろうか・・・?



はたまた、、これから起こりうるであろう惨事に



自分の持てる最悪のイメージを、、、結末を、、、



断固回避したいだけなんだろうか?




・・・時間の概念など、、、もう、、、ない。





バスは果てしなく続く一本道を走り続けている。。。





状況は、、、、、わかっている。。。。



そう、


俺の目線の先にあるものだけが不気味に動いている。。。



黒く、、、渦巻いている、、、、。



・・・蠢いている。





ゼヒュン、ゼヒューン、オエーっ!ガァーっ!畜ー生ーっ!?





あ゛ーーーーーっ





不意をつかれたっ!




やべーーーっ!





・・・・・・





・・・丈夫・・の・か・・・・?







のこったぁーーー(爆)







そして・・・車内に流れる休憩案内。






た、助かったぁー!





全てのストレスから開放されたからなのか、、、



しばらく、、、食事は喉を通らなかった。



(爆)

地球の歩き方27


gh



今、グレイハウンドに乗ってシカゴに向かっている。

しかし、このバス・・・なんといっても狭いっ。暗いっ。


窓は、、、フルスモークである。しかも開かない。

昼間でも真っ暗で外の景色があまり見えない。


イスは、、、リクライニングしないっつーか、

デケー外人ばかりである。下げられない!


ほとんど満席飽和状態。行き場なんてない。


このまま10何時間揺られなきゃならないなんて、

苦痛ー極まりない。


隣は不運にもデブのおやじー。マシュマロマンもびっくりであろう。

当の本人もイスにすっぽりはまって動けないらしい。

スニッカーズをむしゃぼり喰っている。。。

なんて息が荒いんだ。。。








地球温暖化おっぱっぴーである。








一応、このグレイハウンド、乗るにあたって心構えみたいのを

聞いていた。


できれば、運転手の視野に入る場所に座るのが好ましい。

後ろに行くほどヤンチャなひとが屯するらしい。

トイレは一番後ろについているが、上記の理由により、

定期的にとる休憩所で行ったほうがいいらしい。



俺りゃ、行きたくても動けん(爆)



最初の休憩ー。おー!マ、マックー!

しかしデケー看板ー!日本のマックの看板の50倍以上の高さ!

これ位ないと遠くからアピールできないんであろう。

でも少し離れると小さく見える。

まさにBIG AMERICA。


よくある田舎の食事処と観光バスとの業務提携、そんな感じであろうか?



便所は行っといたほうがいいだろう。




動けーーーーっ!おやじーーー!




滞在時間は10分から15分。買い物するにも足早である。


とりあえずマックに行って、コーヒーを買う。

ケチャップとマスタードを頂く。

バッグの中に補充ー。(爆)


勝手がわからないので、早めにバスに戻っておく。


座席移動は・・・・・できないか。


あのおやじが帰ってくると腕さえ動かすのもままならないので、

今のうちにセッティングしておく。


相変わらず主食は麦のバケットパンである。

ケチャップとマスタードで味に変化をもたらし嗜む。

キャンベルの缶スープも常備しているが、ここでは、、、無理であろう。


ウォークマン(カセット)(爆)を準備する。

グレイトフルデッド「TRUCKIN’」が流れてきた。

全米を旅して回る歌だ。大好きだ。


おやじが戻ってくることを想定し、

できるだけスペースを確保できるように、

足を広げとく。ひじを出しとく。

鮎のように縄張りを誇示する。。。。




いや、・・・無理っす。




物質の質量自体がそれを上回るんだから!



段々、こっちに寄りかかってくる!




ドつくっ!




・・・効かない・・・のか?






・・・もう、、、好きにして・・・・。




(爆)



(未完)

地球の歩き方26



21



もう、この街も飽きた(爆)



その後も、感謝祭かなんかでターキー(七面鳥)やら、

ポテトのなんだかやら無料で思召しに与ったり、

日々の麦パンに逆ギレしてケンタのバイキングでふぁいあーしたり、

貧富の差を彷徨っていた。

・・・って、食いモンばっかだな・・・・。



確かに安全で、みんないい人ばかりである。

生活するにはこの上ない環境であることは間違いないが、




刺激がない。(爆)




正確には、今まで暮らしてきて、いろんな出来事があって、


「視野」と「自分への期待値」ーーー可能性。


「やればできる」 いや、「何とかなる」ーーー(爆)



これを試したかったというのが気持ちであろうか。



ここは、何ていうか、、、、統一されている。

街も、人種も、思想も、所得も。



・・・そんな感じがする。



自分のイメージだけかもしれないが、

ここはアメリカ。

白い肌もいれば、黒や黄色い肌もいる。

貧困者もいれば、金持ちもいる。

いと、インターナショナルな国である。


それらが混沌としている中を自分で歩きたい。

俺が持っているアメリカのイメージを

見て歩きたい。




・・・「地球の歩き方」




決定ーーーーー。




ここを最後の滞在地にしていた日本人のバックパッカーがいて、

偶然、「地球の歩き方」を手にしたんだ・・・よな?



再び、ガイドを手に入れた!

LEVEL UP!



なんとなく行きたい場所や交通手段、予算を計画してみよー。


飛行機、、、いや、無理、無理。

レンタカー、、、以下同文。

アムトラック鉄道、、、まだ高けーなー

・・・グレイハウンド。。。これしか残っていねー。


グレイハウンドBUS・・・グレイハウンドっちゅー狩猟犬が

横に描かれている全米を網羅している乗り合いバスである。


情報を得るため、バスディーポへ向かう。

。。。シカゴへの旅費・・・・結構するなぁ。


俺の身なりを見て、放浪者かなんかだと思ったんだろうか?

アメリパスっつー定期みたいなのがあると教えてくれた。

たしか2ヶ月乗り放題で4万だったかなぁ?

迷ったあげく、その場を後にした。



・・・・


4万かぁ。手持ちの4分の1。。。勇気いるなぁ。


でも、隣町まで5時間も10時間もかかるんだから、

しかも24時間走っているんだから、

バスが移動ホテルと考えれば安いもんだよなー。

乗りっぱなしでもいいんだもんな。


・・・・安易な考えである。


行きたい都市は何となく決めてはいた。

観光施設だけでなく、臨場感っていうか、生のアメリカに触れてみたかった。


地元のBARも行きたいし、えへへ、、、BARもぉーーーー。。。

ジュークボックスも聞きたいし、ビリヤードもしたい。

そう、ビリヤード台の上に立っているおねーちゃんに。ピーーっ!


釣りもしてーよなー!


熱帯魚屋も見たいし、LIVEも行きたい。

スポーツも見たいし、美術館も行きたい!

軍施設も見に行きたいし、UFOも見たい(爆)


映画のシーンの場所も行きたいし、、、、



自分で動くんだ。なんでも叶えられるよ!



だから、、、半分「地球の歩き方」。。。



半分、、、、「悪魔が囁く地球の歩き方」(爆)





そんな感じでーーーーっ。





まぁ、何とかなるさ。





「すみませーん!アメリパスくださーーーい!」



「お支払い、カードでーーーーーっ。」



って、うをぃっーーー!!

お前ぇ、カード持ってんじゃんかぁーーー!



そうさぁー、いつでもどこでもっー



・・・これから旅に出るんだ。現金、トラベラーズチェックは

残しておきたい。ただでさえ少ないんだから。。。




でも、初めて使ったんだよ。




(未完)

地球の歩き方25





・・・・父さん、今、僕は



、、、ソルトレイクにいます。




今、絶対降りられない高さのリフトに乗って

山頂を目指しています。(爆)





行き先は、、、、絶対あそこです!





どのぐらい揺られていたでしょうか?





今まで何度も、、、心を折られました。(爆)





自分で言うのもなんですが、人生のレールっつーのは





・・・こういうものを言うんでしょうか?





行き先は、、、、たぶん、、あそこです!(爆)




しかも、今、人生に例えなくていいです。



試練はもういりません。



仮に、次こそ



絶対っ、



あそこが!



ゴールだとしても、、、、







別に行きたくありません。





。。。






・・・降りたいっす!(爆)





(爆)




・・・・しかも



何でリフトを降りてしまったんだろう?



何で?・・・・わからない。




あまり覚えていない。。。。





人間っつーのは、嫌なことや、ストレス、都合の悪いことは

忘れようと働くんだねー。




だから俺の人生ー振り返っても





なるほど、すげーーーー短かぁーーーーーっ






・・・・



その。。。



下りは・・・・


。。。よく覚えていないんだ。




途中、スキーヤー(神ー?)に助けてもらって、


もう、、、あたりは真っ暗になっていて、


その人に車で送ってってもらって


・・・帰ったんだよ・・・・な?



しかも、命の恩人のことも憶えていない。。。。







・・・そんな中途半端なストーリー。







・・・・夢?




。。。だったんだろうか?












ねぇ、メーテル。






(未完)


地球の歩き方24




・・・



俺は、今、、、、




死にかけている。(爆)





いや、マジだ!





正確には、雪山遭難!?




・・いや、帰りはわかっているはずだ。






そう。↓↓↓。下だ。






颯爽と滑り降りる勇気がないだけだ。

シュプールを描いて・・・・


辺りは・・・


TVでよく見る雪山登山の風景となんら変わらない。


鋭い岩肌、切り裂く大地。


しかもすべて白銀の世界。


素人の俺にはギリギリまで行かないとわからない。


硬く強張った表情は寒さのせいであろうか?




いや、




・・・完全に泣きまくっている。




・・・泣きまくりあがっている。





だが、誰も助けてくれないんだ。





いや、いないんだ!誰一人見えないんだ!





なんでこんなところに来てしまったんであろうか?

半日前には笑顔でスキーを楽しんでいたはずだよな?




・・・



ここソルトレイクの雪は世界で最高の雪質と言われている。

世界中のスキーヤーの憧れの場所である。

そこにいるんだ。


聞けば、ウェアも板もレンタルできるという。値段も、、、安い!

インストラクターもいて、教えてくれるという。

手ぶらで行っても遊べると教えてもらった。





こりゃ、行かなきゃ損でしょー!





行きますかぁーーー!





しばらくバスに乗っていると辺りの景色が変わってきた。


・・・スキー場?


いや、軍の雪山施設といったほうが正確であろうか?



いや、ごめん。大げさであった。



スキー場である。




でもデケー!スゲー!




例えるなら富士山、いや、南アルプスがフィールドなのである。

ガイドマップも別々の山にリフトの絵が描いてある。


いくらなんでも広大過ぎるだろう!


ベースキャンプに着き、いろいろと手続きをする。


まあ、そりゃー勢いだ。


服のサイズも聞きなれない数字だ。

現物合わせー。


慣れていないのでインストラクターを頼んだ。





某、無論ー、金髪美女希望ー。





却下。





おっさんー降ー臨ー。





床屋の入り口のポスターみたいなおっさんだが、


まぁ、いい。。。


いと、わかりやすく教えてくれた。


何となく感覚を取り戻してきた。。。楽しい。



恥ずかしかったんで、少しかじった程度であったんで、

おっさんにはズブの素人であると告げていた。




「もう一人前のスキーヤーだ。

もう少し上のフィールドでENJOYしても大丈夫だよ。」








その言葉を信じた(爆)








平日の昼間なのか、広いからなのだろうか、

ついて行く人もあまりいない。


良さげな小高い山を見つけた。リフトが伸びている。



これなら、行けそうだな。



リフトに乗り、景色を堪能する。

素晴らしい景色だ。







頂上付近に着く。。。。。









あ゛ぁーーーーーーーーーーーっ!







・・・さらに伸びていた。





(爆)









(未完)



元旦・・・願短。。。



1


あけまして

おめでとうございます。

今年もよろしくっす。



・・・



今年も


ここは


何が起こるか


とても、、、想像できない・・・




いや、考えてないっす。(爆)



・・・



晦日は締めくくりのように

ここいらも雪が舞い降りました。

2

っつっても天界付近ですが・・・



職場も年末らしくおかげさまで頂点でーーーっ



また気がつくと、いつの間にかに年が明けていました。


そして、しばしの休息。。。。



・・・めまぐるしく終了しました。。。



・・・・



そして、今日から黒字化目指して(爆)←仕事。


頑張るぞーーーーー!




・・・


そして、ここは、まぁ、




ボチボチだな。



うん。




・・・

とりあえず、俺の休みのファイアーショット、、、


奇跡の軌跡をふりかえるぜぃ。


・・・


3


おっ!


4


おぉっ!

。。。



・・・通過・・・・・・・(涙)



5


ってか、ほぼ渋滞MAX・・・・


迂回・・・


6



久保田利伸実家ふぁいぁーーーー!


・・・

失敗ーーーーっ(爆)



・・・疲れたーっ・・・って


。。。少なぁーーーっ!





そんなもんだよ。時間も余裕も。



でもー、今年もその中で楽しむぞーーーーー!




よろしくでーーーーーーーーっ





(未完)








ぷ、ぷろふぃーる

かず印(爆)。

Author:かず印(爆)。
えび100%で頑張れればいいと思っているんですが、、、日々の戯言全力投球ーっ(爆)・・・よろしくお願いします。


にほんブログ村

最新日記。
最新こめんと。
月読。
類別区分。
えび友さん生息図

より大きな地図で ご近所さん えびMAP を表示
最新とらっくばっく。
検索ふぉーむ。
RSSりんくの表示。
りんく。
ブロとも申請ふぉーむ。

この人とブロともになる

QRこーど。
QR